体調を崩す女性の写真

インフルエンザ治療薬として世界に最初に開発され日本法人をも構えるグラクソスミスクライン社から販売されているリレンザは有名ですが、リレンザのジェネリック(後発医薬品)でビレンザというお薬があるのをご存知でしょうか?

リレンザはなぜ粉末剤?インフルエンザにマスク効果

健康はなににも勝る財産であると言えます。健康は決してお金で買うことはできません。健康であれば仕事や勉強、スポーツや趣味に打ち込めて人生を謳歌することができます。しかし人は仕事やストレス、過労、栄養不足に等によって免疫力が低下し、風邪やインフルエンザに感染してしまうことがあります。なかでもインフルエンザに感染してしまうと40度近くの高熱にうなされることになり生活がままなりません。また嘔吐、下痢、関節痛などに見舞われるために非常につらい目に遭うことになります。こうしたインフルエンザに感染して辛い目にあわないためには、日ごろから対策を講じることが何よりも大事です。特に冬にはインフルエンザが大流行するので、外出時にはマスクを着用することが大事です。インフルエンザは感染者の咳やくしゃみなどの飛沫が肺に入り込み症状が発症するようになります。そのため感染者の飛沫が侵入しないようにマスクで鼻や口をブロックするのは感染予防として大変有効と言えます。またマスクをすると保湿され喉や鼻の粘膜を守ることになるので、インフルエンザだけでなく風邪の予防対策にもなります。また室内を湿度50%以上に加湿器を用いて維持しウイルスの活動を弱めるのも大事なことと言えます。しかしそれでもインフルエンザに感染してしまった場合は医療機関でタミフルやリレンザを処方してもらって治療しなければいけません。タミフルは錠剤のインフルエンザ治療薬として有名です。一方リレンザは粉末剤の治療薬として有名です。インフルエンザの症状とは肺でウイルスが増殖することに対してので抗体反応高熱が出たりします。そのため肺にダイレクトに薬剤を行き届かせる粉末のリレンザは治療において高い効果を発揮します。