体調を崩す女性の写真

インフルエンザ治療薬として世界に最初に開発され日本法人をも構えるグラクソスミスクライン社から販売されているリレンザは有名ですが、リレンザのジェネリック(後発医薬品)でビレンザというお薬があるのをご存知でしょうか?

健康保険を使ってリレンザを購入!家では加湿器を使用

インフルエンザの治療薬として代表的なものは「タミフル」と「リレンザ」の2つがあげられます。タミフルは内服するタイプ、リレンザは吸入するタイプの薬で、どちらも効果としてはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、インフルエンザウイルスそのものを殺す効果はありません。インフルエンザウイルスというものは感染力・増殖力が非常に強く、1つのウイルスが体内に入り込むと48時間後には100万個にもなるほど急激に増殖します。ですから少しでも早く薬を服用する必要があり、薬局などで処方されると、リレンザはまず一回目をその場で吸入して下さいと言われます。どちらのタイプの薬も処方薬なので、ドラッグストア―やインターネットで購入することは出来ませんが、健康保険が適用となるので比較的安価で購入することが出来ます。

リレンザはタミフルと違い、体内に取り込まれることはなく、肺に留まってウイルスの増殖を防ぐため、比較的副作用が出づらいという利点もあります。一方で専用の吸入器を使って、カートリッジの薬を吸い込むので、肺活量の少ない子どもや高齢者にとっては使いづらいという欠点もあります。

インフルエンザが流行する冬場は空気が乾燥することが多く、菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ鼻や喉の粘膜が、効果的に働かないことも、感染が広がる大きな要因となっています。ですから、外出先ではインフルエンザの予防の為のマスクを着用すること、また罹ってしまった際にも2次感染を予防するために部屋の中の湿度を十分に保つ必要があります。部屋の空気の乾燥を防ぐためにぬれタオルを干したり、ストーブの上でお湯を沸かすなどありますが、一番効果的なのは加湿器です、安定して部屋の湿度をコントロールすることが出来るので、ぜひ一家に一台は備え付けるようおすすめします。