体調を崩す女性の写真

インフルエンザ治療薬として世界に最初に開発され日本法人をも構えるグラクソスミスクライン社から販売されているリレンザは有名ですが、リレンザのジェネリック(後発医薬品)でビレンザというお薬があるのをご存知でしょうか?

吸入薬リレンザの利用とインフルエンザ感染時の歯磨き

インフルエンザだと診断される、もしくはその疑いがあると判断された場合に利用される薬の一つがリレンザです。
これは錠剤タイプの薬ではなく、吸入するタイプの薬となっています。
治療目的で利用する場合は1日2回、予防目的で利用する場合は1日1回利用するというのが基本となっている薬です。

リレンザを利用する事によって、体内にあるインフルエンザウィルスを減らす事が出来、回復へとつなげる事が出来ます。
発熱が酷い場合などはそこにカロナールなどの解熱剤を併用するのが一般的で、大体リレンザを服用して数日すればほぼ症状は治まるパターンが殆どです。

インフルエンザに限らず、体調が悪くなると歯磨きをしたくなくなってしまう人は少なくありません。
しかし出来るだけ口腔内を清潔にしておく事はとても重要なので、調子が悪くて立っていられないという時は別ですが、そうではない場合はしっかりと歯磨きをする方が良いでしょう。
しかし、インフルエンザに感染している時に歯磨きをすると、その歯ブラシは破棄しなければいけないと思う人もいるはずです。
だからこそ、調子が良くなるまではそのままでいようと思うかもしれません。
ただ、知っておくべきなのはインフルエンザウィルスは歯ブラシに付着したらそのまま残って居て、調子が良くなってから同じ歯ブラシを使うと再度インフルエンザに感染してしまうという事は有りません。
勿論歯磨き粉の中に残って居て増殖するという心配もありません。

だから、なるべく快適な状態で過ごす事が出来る様にする為にも、調子が良くなってきたら歯磨きをする方が良いでしょう。
リレンザを吸入している場合も同様で、吸入して体が楽になってきたら出来るだけ歯磨きをする方が衛生的にもなります。